13層やすらぎマットレスとは

13層やすらぎマットレスとは

13層やすらぎマットレスは、テレビ各社で紹介された高反発マットレスです。

 

楽天ランキングのデイリー&週刊ランキングで第1位

 

YAHOO!ショッピングのマットレスランキング部門で第1位

 

を獲得するほど人気の、マットレスです。

 

13層やすらぎマットレスの特徴として

 

 

1.高さが27cmの大ボリュームで底つき感がない。

 

2.独自の3Dスプリング高反発構造を採用し、体圧分散性に優れ、「首」「背中」「腰」に負荷が集中するのを防ぎます。

 

3.独自の方法で、マットレス内の湿気を外部へ放出するため、通気性が良い

 

4.防ダニ・抗菌防臭に徹底的にこだわっている

 

 

 

人気の理由は、

 

13層やすらぎマットレスとは

13層構造マットレスの構成

13層で構成されているため、27cmの厚みがあり、かなりのボリュームです。

 

しかし、その厚みの分、快適な眠りができる要素が詰まっています。

 

13層の構成は、

 

 

・ハイグレードニット

 

・マイティトップU

 

・ウレタン17mm

 

・クラウドMAXウレタン20mm

 

・ウレタン8mm

 

・チップウレタン17mm

 

・プレミアム高反発コイル

 

・チップウレタン17mm

 

・ウレタン17mm

 

・クラウドMAXウレタン20mm

 

・ウレタン17mm

 

・マイティトップU

 

・ハイグレードニット

 

 

で構成されています。

 

 

13層やすらぎマットレスとは

 

13層やすらぎマットレスは中心の6.5インチの極上ポケットコイルを、上下6層で挟み込む構造をしています。

 

通常、ウレタンだけでも、十分体圧分散をするのですが、片側3枚のウレタンがまるで、スプリングのように、上方から体圧を吸収し、チップウレタンが横方向へ均等に逃がします。

 

そして、プレミアム高反発コイルにより、体を上方へ押し上げます。

 

さらに、反対の片面のウレタンもスプリングように体圧を吸収し、体圧を横に逃がすので、特定の部位に負担がかかることありません。

 

こういった構造をしているため、反発性生、体圧分散に優れいます。

3Dスプリング高反発構造で体圧分散

13層やすらぎマットレスは、日本最高クラスの6.5インチの「プレミアム高反発コイル」を使用した3Dスプリング高反発構造をしているため、体圧分散性に優れています。

 

腰や背中など体の一点に、体圧が集中せず、理想の体圧分散性を実現しているのです。

 

理想の体圧分散ができているので、腰痛改善、背骨の歪みの矯正も期待できます。

 

13層マットレス

13層マットレス

 

高密度ハイブリッド交互配列で体圧分散性と耐久性を高めています。

13層マットレス

 

人間は睡眠中に小さな寝返りと大きな寝返りを、だいたい10回から40回うつといわれています。

 

人は寝ている間に、寝返りを打つことで、体中の血液やリンパ液などを体中に循環させたり、同じ寝姿勢で寝ていると、体重によって身体の一部だけが圧迫されるため、それを緩和するために、寝返りをします。

 

両面のウレタンが体圧を吸収し、横方向に圧を均等に逃がし、最適な寝返りをうつことができるため、腰や背中に余計な負担はかかりません。
腰痛改善の秘密はここにあります。
13層やすらぎマットレスとは
13層やすらぎマットレスとは

 

特注の通気口を装備で快適な湿度と温度が実現

両サイドに合計4つの通気口があるので、マットレスに荷重がかかるたびに、空気が入れかわるので、、睡眠時にこもる湿気などを、効率よく排出するため、空気が常に清潔に保たれ、カビの発生を防ぎます!

 

13層やすらぎマットレスとは

年中快適に眠れる理由

ピロートップを超えた新素材、ハイグレードニットを採用しているので、

 

 

・通気性、吸収性に優れた素材

 

・体を包み込むような、やさしい肌触りと、理想的な体圧分散

 

・体温の変化によって熱を調整

 

・夏は涼しく、冬は暖かい

 

 

防ダニ・抗菌防臭が徹底

安全性基準をクリアした、」SEKマークを取得した、テイジンのマイティトップUを中綿を採用しているので、ダニ対策は安心

 

13層やすらぎマットレスとは

13層やすらぎマットレスの問題点

 

1.厚さ27cmのマットレスのため、折りたためない。

 

2.30Kg以上もあり、移動が困難

 

 

13層やすらぎマットレスとは

トップへ戻る